二重整形してパッチリ目に!安全で安いと言われる美容整形の体験談

一重が嫌すぎて、念願の二重整形手術をしました。最近では気軽にできて身近な美容法でもあるけど、安全で安いと評判の美容整形って本当に良いのか?体験談をもとにリスクや危険があることも知ってもらいたい。一生に一度の体なので、よく考えてから後悔しないように自分を大切にしましょう。

二重まぶた手術の種類とダウンタイムはどのくらい?

二重まぶたの手術について、種類やダウンタイムについて

画像つきで紹介していきます。

 

二重整形で一番人気がある埋没法

二重整形の中でお手軽、値段が比較的安い、ダウンタイムが切開法よりも短いことから
埋没法が一番人気があります。

また、埋没法でも1点留め~6点留めなどクリニックによって糸の留めが異なり、多く糸が留めてあるほど取れにくいのが特徴です。

f:id:banbi33:20161105125906j:plain

埋没法のメリット

  • ダウンタイムが切開法よりも短い
  • 半永久的に持つ(平均のもちは3年~5年)
  • 値段が切開法よりも安くお手軽にできる

 

埋没法のデメリット

  • まぶたの脂肪はとれない
  • 半永久的だから取れる可能性もある
  • 目がゴロゴロする可能性もある
  • 目を閉じたときに留め糸の結び目が浮き出る可能性もある

 

まぶたの脂肪が多い人には切開法

埋没法は糸で留めるだけでしたが、切開法はまぶたの脂肪を取ることができます。

まぶたに5mmほど(画面下赤い部分)メスを入れ、脂肪を除去します。埋没法だとすぐに取れてしまったり、まぶたの脂肪が厚い方は切開法のほうがおすすめです。

f:id:banbi33:20161105131220j:plain

切開法のメリット

  • 埋没法よりももちがいい(永久的)
  • まぶたの腫れぼったさがとれる
  • 加齢によるまぶたのたるみ改善ができる

 

切開法のデメリット

  • 埋没法よりも値段は高め
  • ダウンタイムが埋没法よりも長い
  • 傷口が気になる可能性もある

 

鼻筋が通ってみえる目頭切開法

二重の幅を広くアレンジすることができるのは、目頭切開法です。
切れ長できれいな目を作ることができます。

f:id:banbi33:20161105132433j:plain

目頭切開法のメリット

  • きついツリ目の方におすすめ(印象がガラリと変わります)
  • 優しい目元になる
  • パッチリとした目になる

 

目頭切開法のデメリット

  • 白目のほうが多く見えることも
  • もとに戻る可能性もある
  • 値段は切開法と同じくらい

 

二重整形初心者ならまずは埋没法をおすすめ

二重整形となると結構緊張しませんか?

やっぱり自分の顔が変わるということはそれなりの覚悟も必要です。

失敗したらどうしよう、お金が高い…などいろいろな壁にあたります。

 

埋没法は、二重整形の中でも手軽にできる整形です。

ダウンタイムも多少はありますが、自分が二重になったらどうなるのだろうか?というのを実感することができます。

毎日していたアイプチからの解放、メイクの時短、鏡で見てわかるパッチリとした目。

ダウンタイムがなくなり、自然に体になじんできたころに自分の二重なんだって実感しますよ(*'▽')