二重整形してパッチリ目に!安全で安いと言われる美容整形の体験談

一重が嫌すぎて、念願の二重整形手術をしました。最近では気軽にできて身近な美容法でもあるけど、安全で安いと評判の美容整形って本当に良いのか?体験談をもとにリスクや危険があることも知ってもらいたい。一生に一度の体なので、よく考えてから後悔しないように自分を大切にしましょう。

二重整形で埋没法したけど何年もつものなの?切開法のほうがいい?

二整形には大きく分けて、埋没法と切開法の二つがあります。

f:id:banbi33:20161027234523j:plain

 

埋没法…

体に溶ける糸をまぶたに縫い付ける。
糸は1点留めから多いと6点留めで、切開法よりも腫れや赤み、ダウンタイムが短いといわれている。また、半永久的で、取れる可能性もある。
途中で幅を変えたい、違う二重にしたいと再施術することが可能。料金は切開法よりも基本的に安い。

 

切開法…

二重にするために、まぶたにメスを入れて二重の線を作る。
永久的と言われ、基本的には一重に戻らない。ダウンタイムや腫れなどは埋没法よりも症状が出やすい。料金は埋没法よりも高め。後から幅を変えたい、違う二重にしたいと再施術は基本的にできない。絶対に一重に戻りたくない人向け。

 

埋没法は何年くらいもつものなの?

埋没法は半永久的なので、気づかないうちに一重に戻っていたり、取れそうでやっぱ一重に戻った、という方まで様々います。

 

私は2点留めの二重整形をし、左目の二重が施術後から約8年後に取れました。

長く二重になっていたせいか、二重の線は記憶しているようで、今でもたまに二重になります。気が付いたら取れてた、という感じです。

 

埋没法は年数でいうとどのくらいもつ?

埋没法はだいたい平均して2年から4年だそうです。個人差にも大きく影響してきますが、まぶたの脂肪が厚い方や、目をこすってしまう人、花粉症の人など、取れやすい要因をもった方ですと取れる時期が早まったりすることもあるそう。

 

長い人は10年以上。ずっと取れない方もいるそうです。また、整形後にいつ取れてしまった、などきちんとした顧客データがとれていないのも現状で、実際のところデータはあまり期待できないことも。

 

二重整形のもちはドクター次第でも変わる

担当のドクターの腕で決まる。これは確かにあります。

新人見習い生と、10年以上のベテランドクターとでは大きく差がでますよね?

これはご自分では選べない可能性が高いので、クリニック選びで慎重に決めましょう。

 

また、カウンセリングも大きな役割を持っています。

カウンセリング時は、自分の希望をしっかりと伝える場でもありますし、
具体的にどうなりたいか、予算などもはっきり伝え、納得のいくまで話をし、きちんと医師の話も聞くようにしましょう。