二重整形してパッチリ目に!安全で安いと言われる美容整形の体験談

一重が嫌すぎて、念願の二重整形手術をしました。最近では気軽にできて身近な美容法でもあるけど、安全で安いと評判の美容整形って本当に良いのか?体験談をもとにリスクや危険があることも知ってもらいたい。一生に一度の体なので、よく考えてから後悔しないように自分を大切にしましょう。

二重整形をするのに保護者や同意書が必要なの?

整形をすることが身近になってきている今の時代ですが、

高校生でもプチ整形と言われる二重整形をする人が増えてきています。

 

ですが、高校生=未成年なのです。

 

美容医療の業界では、20歳未満の場合、親権者(保護者)の同意書が必要になります。20歳以上であれば、本人の同意書のみで施術が受けられます。

そのため、20歳未満の高校生は保護者の同意書が必要になるのです。

 

f:id:banbi33:20161017221709j:plain

 

親には言いたくない…反対されたら?

思春期の子も多いこの時期。

「整形したい」となかなか言い出せないし、言いたくない!なんて人も多いのでは?

しかし、保護者の同意書がなければ残念ながら施術を受けることができません。

 

また、同意書のみの提出の場合など保護者への電話確認や、クリニックによっては同伴を希望されることもありますので、事前に話しておくことがベストです。

 

母親にはOKもらったけど、父親には話したくない

基本的には保護者のどちらかに同意書をもらえれば、施術は可能のようです。

しかし、施術後はダウンタイムもありますし、顔を合わせればもしかしたら整形をしたことがバレる可能性もあります。母親には話せるけど、父親には話したくない。という方は結構います。私もそのパターンでした。

母親はなんとか説得できても、父親は整形をするということを受け入れがたい世代でもありますし、男性の目線から見てやっぱり整形はしてほしくないと思うほうが多いと思います。

 

整形費用をローンで組みたい

本人名義でローンが組めるようになるのは、18歳以上になります。18歳未満は本人名義でローンが組めませんので、保護者名義でのローンを組むことになります。

 

また、18歳以上20歳未満で働いていて収入がある方は本人名義でローンが組めますが、保護者の連帯保証が必要になります。

 

途中で施術内容を変更するにも同意書が別途必要になる

施術をするときになって、埋没法から切開法に変えたくても、別途保護者の同意書や電話の確認が必要になることがあります。

後日同意書をもらって、後日施術をして…となると、二度手間になることが多いです。なので、医師とあらかじめ施術のことについてよく相談し、希望を伝えることをおすすめします。